忙しく働く社会人には、連日連夜の激務がつきものです。多忙な生活が原因となり体調を崩したり、ストレスが原因となり精神疾患を患うケースも珍しくありません。そのため、生活リズムを見直して激務に上手く対応する事が不可欠です。生活リズムを改善する上では、起床時に着目する事が重要で、起床してすぐに一日のスケジュールを把握し、やるべきことに優先順位をつけ取り組む順番を決めておく事で、無駄の無い時間を過ごす事ができます。また、多忙なスケジュールの中でも、朝の日課として読書やランニング、筋トレなどを取り入れることで、忙しい生活にも充実感を見出し、惰性的な日常を送ることを回避できます。朝の時間帯に日課をつくることで、脳が覚醒された状態を作り上げ、素早く仕事に取り掛かることも出来るようになり、作業効率もアップする事がメリットです。また、生活リズムを維持する上では、予定外のイベントが舞い込んだ場合や、休日や祝日などでも規則正しい生活を送る事が大切で、過密なスケジュールに対応するためにも、絶えず生活の時間帯を一定に保つ事が欠かせません。そして、生活リズムの保ち方で重要な点が食事時間です。これは規則正しい食事のタイミングを維持するだけではなく、仕事が延びて食事が摂れないときには、あえて食事を摂らない事も大切です。食事の時間のずれ込みは生活リズムを崩しますが、適度な空腹感は脳の覚醒を高め、作業効率を上げる要素ともなるため、食事を摂らない事にも配慮する必要があります。

—参考サイト—
激務対策完全攻略マニュアル