かつて女性は結婚と同時に家庭に入る人が多く、それまでの「腰掛け」として勤める人も少なくありませんでした。また、勤め始めてから数年も経ち、同期入社の女性も辞めていくと、自分も居づらくなったものです。いまの時代からは到底考えられないことですが、結婚してからも仕事を続ける女性が少なかったことも関係しています。また、不規則勤務や激務な仕事に就いている女性は、結婚後も続けていくことが困難な状態にありました。共働きをする・しないに関わらず、家事や育児への負担が女性に掛かることが多く、仕事との両立は至難の業だからです。現在、定年退職に差し掛かっている女性の時代は、産休はなんとか取れるにしても、育休といった制度もなく、歯を食いしばって耐えてきた歴史がありました。いまは、そのようなことは待遇の悪さは少なくなりましたが、核家族化により、子どもの面倒をみてもらえる祖父母がいないという新たな問題に直面しています。また、子どもを預けたくても保育所に入ることができない、いわゆる「待機児童」は多くの自治体で問題になっていますね。さらに、保育料の高さもあり、女性が働いて得た収入の大半を保育料になってしまうという、なんとも皮肉な話も事実です。そんななかでも、仕事を続けたい女性は少なくありません。そのためには、夫婦間で前向きに話し合うことが大切です。特に、女性のほうが激務な仕事に就いている場合は、男性がストレスを感じているかもしれません。どんな働き方をするのかは個々にもよりますが、夫婦で協力しあって乗り越えましょう。